防犯と地震対策に特化した、安全を第一に考えたリフォーム 

地震対策と防犯対策に特に力を入れ、安全性を一番に考えました。 

        
防犯と地震対策に特化した、安全を第一に考えたリフォーム 
  • 防犯対策 防犯ガラスへ取替え
    ハキダシ窓はすべて防犯ガラスに取り替えました。
    防犯用の商品として、窓に貼るフィルムがよく売っていますが、フィルムを貼っても窓は割れてしまいます。
    なぜなら、サッシと窓の隙間までフィルムが貼れないためその隙間から割れてしまうのです。
    フィルムがあるため飛び散ることはありません。しかし、飛び散らないことによってかえって音がせず、周りに気づかれにくくなり、逆に侵入を容易にしてしまいます。
    地震対策などにはうってつけのフィルムですが、防犯としての効果はないと考えた方がいいでしょう。
  •  
    シャッターを取り付けることも検討しましたが、シャッターは普段閉めることがないとのことでしたので、防犯ガラスにしました。
  • 地震対策 ガラスブロック撤去
    ガラスブロックはオシャレですがとても重く、地震などで落下した時にとても危険なため軽くて丈夫なポリカーボネート板に取り替えしました。
  •  
    このガラスブロックは弊社が当時、施工したものです。
    何十年と経っていますが、しっかりとくっついていて剥がす際には職人がとても苦労していました。
  • 壁・床の張り替え
    壁も床も解体し、張り替えをしました。
  •  
  • 配線工事
    家電の配線が壁伝いに這っていたり、家具の端で丸まっていたりと、見栄えが悪く、ほこりなども溜まりやすくなるため安全面も心配でした。
    天井・床・壁の張り替え時に配線を壁の中に入れました。
    壁・床共に張り替えをする場合配線を壁の中に入れることで、見栄えもよく安全性も高くなるのでオススメです。
  • 防蟻・点検口工事
    防蟻工事をする段階で、点検口の少なさ、狭さを発見し、3か所の点検口を作りました。
    点検口は基礎や柱の点検時にスムーズに床下に入るためにとても重要です。
    これからも何十年と暮らしていく住まいのメンテナンスはとても大切ですので、リフォームの際は確認することをオススメします。

施工概要

所在地
尾張旭市
リフォーム内容
地震対策 防犯ガラス 配線工事 防蟻工事 
この施工例についてのご質問はお気軽に!