ZEH事業計画

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは

 width=
ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスの略称です。
住宅の断熱性・省エネ性能を上げ、太陽光発電などでエネルギーを創り、一年間で消費するエネルギー量の収支がプラスマイナスゼロ以下になる住宅のことを指します。

政府は2014年4月閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEHという)の実現を目指す」とする政策目標を設定しました。

秋田建設株式会社では、2020年度に向け以下の普及目標を掲げ、ZEH支援事業に積極的に取り組んでいきます。

 

ZEH受託率実績及び目標値

2017年度はZEH住宅の受託には到りませんでしたが、
今年度もZEHの普及促進に全力で取り組んで参りたいと思います。        (2018.04.19)
 width=

具体的なZEH普及策
①ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページやSNS、チラシなどを通じて、より多くのお客様にZEH住宅を知っていただけるよう情報発信していきます。また、ZEH住宅について分かりやすく説明できるよう資料を作成し、より関心を持っていただけるようにします。

②ZEHのコストダウン のコストダウンに向けた具体策

お客様のご要望に合わせ、打ち合わせ段階より、より快適で無駄のない設計を目指します。また、協力業者と連携し、施工費用のコストダウンを図ります。 費用対効果を考慮し、より最適な建材の使用、より最良な方法での施工を目指します。

③その他の取り組みなど

ZEH住宅に関する研修や勉強会に積極的に参加し、最新の情報をお客様に提供できるようにします。未来を見据え、人や地球にやさしい家づくりを目指します。

ZEHに関する
お問い合わせはこちら